2017.9.5

「705030写真展」の撮影会参加者を募集します。

「705030」って何?

七五三というと7歳、5歳、3歳といった子供の行事ですが、今回のテーマは時代を背負ってきた70代、時代を支える50代、そしてこれからの30代の方々が主役のオトナの七五三、「705030写真展」のための撮影会となります。
70代、50代、30代それぞれの時代を生きてきた人生の写真展。時代を支えてきた人から支えていく人へのつながり、高齢化が進む地域に必要な世代間のつながりを記念写真でつなぐプロジェクト。

今回の撮影会は逗子アートフェスティバルのための特別な試みとなりますので、通常よりも大変お求めやすい参加費での撮影会とさせていただいており、展示会場には大型プリントでの展示を予定しております。
是非、この貴重な機会にご自身の記念写真を残しませんか?
土曜日だけのコーヒーショップ アンドサタデーcoffee の美味しいコーヒーと一緒にお気軽にご参加ください。

対象:30代、50代、70代のお一人でモデルになってくれる男女の方で、展示掲載を了承してくださる方
日時:10月7日(土)と10月8日(日)
時間:9:00~17:00の間の15分間ほど(多少のお時間のズレはご了承ください)
場所:逗子キリガヤショウルーム3F 「705030撮影会特設会場」 神奈川県逗子市山の根1-2-35
参加衣装:今回のテーマはオトナの七五三となりますので、参加衣装は普段着やお仕事でのスーツなどではなく、ご自身のフォーマル(例えば着物や燕尾服、代々伝わる愛着のある衣装、野球、サッカーのユニフォーム等)でご参加ください。
参加費:15,000円税込 (展示終了後に展示写真(A1サイズを予定)と撮影データを贈呈致します)
*写真の著作権は写真家 有高唯之に帰属していますので、写真の無断転載および複製等の行為はご遠慮ください。

*撮影した写真は逗子アートフェスティバルプログラムの一環で、10月14(土)、15(日)、21日(土)、22日(日)に逗子会館(神奈川県逗子市逗子5丁目4−33)にて写真展示を行います。

*今回のプロジェクトは私とモデルの方との1対1の撮影となるため、家族や友人など複数でのお申し込みは不可となります。見学で来られるご家族や友人の方はもちろんOKです。

*今回の撮影時間はお一人あたり15分間ほどとなりますので、お着替えに時間のかかる場合は早めに会場に来ていただくか、着替えてからお越しください。

*撮影は白バックの背景紙でモノクローム(白黒)の写真となります。

*参加費は当日現金でお支払いください(メール、お電話で申し込みされた方のみ)

*お車でお越しの方は近隣のコインパーキングをご利用ください。

申し込み方法
WEBから:705030.peatix.comにアクセスしていただき、ご希望の時間帯をお申し込みください。
メールinfo@aritakatadayuki.com
*メールでのお申し込みの場合、お名前、年代、ご連絡先(携帯かメールアドレス)、希望日時と時間を明記し、件名を「705030撮影会参加希望」としてください。
電話:090-7408-3015(有高携帯)

10月7日(土)か10月8日(日)の以下の時間帯のうち、第一希望、第二希望、第三希望をお選びください。

9:00~  9:15~  9:30~  9:45~
10:00~ 10:15~ 10:30~ 10:45~
11:00~ 11:15~ 11:30~ 11:45~
13:00~ 13:15~ 13:30~ 13:45~
14:00~ 14:15~ 14:30~ 14:45~
15:00~ 15:15~ 15:30~ 15:45~
16:00~ 16:15~ 16:30~ 16:45~(最終)

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

写真家 有高 唯之

2017.7.31

「まつりびと」 2017年 長井熊野神社夏季例大祭 写真展

–¼Ì–¢Ý’è-2
_DF10025web

横須賀市長井の夏祭りを撮影した写真展が開催しています。
60年ぶりに復活した大神輿を担いだ祭りは二日間炎天下の中で行われ、多くの人に感動を与えました。
会場がレストラン内ですので私は常駐はしておりませんが、写真を見るだけでも入場できますので、長井の熱い人たちをぜひご覧になって頂けると幸いです。

「まつりびと」
2017年 長井熊野神社夏季例大祭 写真展

写真 有高唯之
企画 長井熊野神社夏季例大祭実行委員会
協賛 長井海の手公園 ソレイユの丘
日時:7月30日(日)-8月20日(日)
時間:11:00〜20:00 (7月30日〜8月4日は17:00まで)
場所:長井海の手公園ソレイユの丘 施設内レストラン
(レストランでの開催ですが、写真を見るだけでも入場できます。)
〒238-0316 神奈川県横須賀市長井4丁目地内 tel046-857-2500

2017.7.20

ニッポンの新しい小屋暮らし

 

IMG_0939

撮影を担当したYADOKARIの新書「ニッポンの新しい小屋暮らし」の見本誌が届いた。
デザインも印刷も素晴らしい仕上がり。
気の合う仲間4人で作った小屋や、70才の方が1人で作り上げた小屋などを実例として掲載しています。
自分もこんな小屋を作りたくなってきた。

著者:YADOKARI
発行所:光文社

2017.2.27

株式会社湯川酒造店のサイトリリース

 

2/26にリリースされた長野県木祖村の酒蔵「株式会社 湯川酒造店」のWEBサイト及びスマートフォンサイトを有高唯之写真事務所でプロデュースさせていただきました。
大の日本酒好きで、写真を生業としている僕が引き受ける以上は、手作業の酒造りを五感で感じてもらいたく、サイトはもちろんPhotogalleryを用意して写真を大胆に使用したサイトを制作致しました。
湯川夫婦が醸す、「木曽路」「十六代九郎右衛門」、海外輸出用の「KISOJI」の商品を中心に、全撮影を担当した写真を散りばめ、海外輸出用のKISOJIに関しては英語版を用意し、木祖村の風土、気候、歴史、酒造りに関わる人を、写真とテキストのシンプルなデザインで、日本国外の日本酒ファンに伝えられたらと思った次第であります。
長い期間制作に携わってくれた、デザイナーの曽根 優さん、構築の桑村 治良さん、英訳を快く引き受けてくれたChristian Stormsさん、そして粘り強くこだわりをもって制作を共にさせて頂いた 湯川尚子さんには大変感謝しております。

株式会社湯川酒造店
http://yukawabrewery.com

制作スタッフ
CD&Photography:有高唯之(有高唯之写真事務所)
AD&D:曽根優(nanou)
Programing:桑村治良(onTheHammock)
Translate:Christian Storms(Local 81 inc)

2017.2.24

ほおずきの仲間たち

 

hozuki20170218_0157

ハンディキャップのある人を撮影させていただいた「ほおずきの仲間たち」の写真展が2/25に開催されます。1日限りの展示ですがお近くの方はぜひ〜。みんなピュアで最高でした!

2月25日(土)11:00~17:00:入場無料
場所:東京都台東区千束4-51-9 ほおずきの家
http://www.hozuki.or.jp/access.html
この写真展は「SOMPO ちきゅう倶楽部 2015年度 『Heart & Arts プログラム』より助成をいただいています。

2017.1.30

酒場巡業写真展

16409038_10154911599579857_544123617_o

 

大衆的な場所で持続的に写真展示は出来ないだろうか?と思い、本日より実験的に「酒場巡回写真展」を始めます。
第一回目は新橋と銀座の間にある「Bar Bien」。偶然知り合った方に誘われたアットホームなスペインバル(立ち飲み屋)で、朝青龍が入門していた時の高砂部屋の力士を撮影した「SUMO」を展示します。
ミニマムなお店なので、仕事帰りにでもふらっとお立寄り頂けたらと思っています。
Poster Design:Itiroh Shukuya  (http://www.shukuyaitiroh.com)

有高唯之写真展 「SUMO」
会期 2017年1月30日~2月24日
場所 Bar-Bien バルビェン 東京都港区新橋1-10-4
時間 月曜から金曜日まで(土日休み)17:30~23:00

2016.11.21

神奈川新聞掲載

 

11月18日の神奈川新聞に『三浦の人びと展』について、写真展会場であるみさき魚市場で取材をしていただきました。

img_9285

2016.11.1

「三浦の人びと展」第一回目の展示風景

 

三崎口駅構内

三浦海岸駅構内

三崎下町

三崎下町

%e4%b8%8b%e7%94%ba8

三崎港

小網代 白髭神社

城ヶ島

円徳寺 photo by onTheHammock

マホロバ・マインズ三浦

2016.10.15

三浦の人びと展のメインビジュアル解禁

 

14677961_10154549060499707_48943454_o

ポートレート写真展「三浦の人びと展」のポスターが出来ました。
本展では昭和の潤いを経験してきた先人やまだ生まれて間もない赤子まで、三浦に生きる人を私の視点で撮影した40点の作品を展示します。

人の顔はその土地の風土を醸す。
三浦に暮らす仲間達と作り上げるこの写真展で、三浦半島最南端の匂いを感じていただけたらと思っております。
第1回展示の10月28(土)、29(日)は、三崎口駅、三浦海岸駅、小網代、三崎港、三崎下町商店街など三浦市内各所に作品を散りばめ、専用スマートフォンアプリ、マップ、WEBを使って三浦の土地を体感出来る点在型展示を行います。
第2回展示の12/1-11は昭和初期からの遠洋漁業基地「みさき魚市場」として知られる「三崎水産物地方卸売市場」で全作品を一同に集めた展示を行います。

詳しくは特設サイトにて。
http://misakifc.com/peopleofmiura/

皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

主催「三浦の人びと展」実行委員会/ミサキファンクラブ
企画:合同会社オン・ザ・ハンモック
協力:横須賀美術館
後援:神奈川県/三浦市/三浦市観光協会/三浦半島食彩ネットワーク
協賛:京急電鉄/マホロバ・マインズ
助成:平成28年度 文化庁 大学を活用した文化芸術推進事業